• ホーム
  • 学部1年生向け短期留学「STARTプログラム」で学生114人を4ヶ国に派遣しました

学部1年生向け短期留学「STARTプログラム」で学生114人を4ヶ国に派遣しました



■第33回STARTプログラム(インドネシア)

2016年8月13日から8月28日までの約2週間、第33回STARTプログラムに学部1年生24人が参加し、中矢礼美准教授(国際協力研究科)ほか2人の職員とともに、インドネシア共和国東ジャワのマラン市にあるブラウィジャヤ大学に留学しました。

■第34回STARTプログラム(台湾)

2016年8月21日から9月5日までの約2週間、第34回STARTプログラムに学部1年生30人が参加し、引率の前田直樹講師(社会科学研究科)ほか2人の職員とともに、台湾にある国立政治大学に留学しました。

■第35回STARTプログラム(オーストラリア)

2016年9月2日から19日までの約2週間、第35回STARTプログラムに学部1年生30人が参加し、Aaron Claude Sponseller講師(教育学研究科)ほか2人の職員とともに、オーストラリア アデレード市にあるフリンダース大学に留学しました。

■第36回STARTプログラム(アメリカ)

2016年9月10日から9月25日までの約2週間、第36回STARTプログラムに学部1年生30人が参加し、引率の田北冬子特任講師(外国語教育研究センター)ら3人の引率教職員と共に、アメリカのバージニア州にあるジェームスマディソン大学(JMU)に留学しました。

※ STARTプログラムとは

海外渡航経験の少ない1年生に、海外協定大学での授業や生活を体験させることを通じて国際交流や長期留学への関心を高めるきっかけを提供することを目的としたプログラムで、平成22年度から平成28年度前期までに計36回実施しています。
本プログラムでは、研修費用を広島大学基金等から補助することで学生の経済的負担を大幅に軽減し、より多くの学生が留学に挑戦する可能性を広げています。
参加学生は約2ヵ月間の事前学習を経て海外研修を行い、帰国後に事後研修を行いました。

なお、STARTプログラムは、教養教育科目「海外フィールドスタディ」として実施しており、参加学生のグローバル・コア・コンピテンシー(世界で通用する人材として必要となる能力)の向上を目指しています。
グローバル・コア・コンピテンシーは渡航前・渡航中・帰国後の3回にわたって自己評価を行い、行動計画を立てます。
その後、担当教員のフィードバックをもとに、各学生が自身の行動計画を練り直し、実行に移します。
成績評価では、参加態度・海外研修時の発表・帰国後のレポート等に基づき、総合的にグローバル・コア・コンピテンシーの向上を評価します。
また、参加学生は、帰国後のTOEICの自己到達目標を各自設定し、プログラム修了後も学習を継続していくこととなります。

【問い合わせ先】
広島大学国際室国際部国際交流グループ
TEL:082-424-4346 または 4551
E-mail:kokusai-ryugaku(AT)office.hiroshima-u.ac.jp
※(AT)は@に置き換えてください。


up