• ホーム
  • 東広島市長による「東広島市の魅力」講義を開催しました

東広島市長による「東広島市の魅力」講義を開催しました

2017年2月9日、工学研究院長室において客員教授辞令交付式が行われ、佐野庸治工学研究院長から藏田義雄東広島市長に辞令が手渡されました。

辞令交付式の後、藏田市長から、東広島市の魅力や東広島市から世界に羽ばたく技術力の高い地元企業などについて特別講義があり、本学の大学院生など約80人が受講しました。

辞令を受ける藏田市長(左)と佐野工学研究院長(右)

講義の様子

この特別講義は、大学院共通授業科目の中で実施している「技術経営(MOT)教育」の授業の一環として実施したものです。
本学の学生は、「技術経営(MOT)教育」の中で、大学で行われている研究や日本の優れた技術を経営に活かし、イノベーションを起こせる人材となるよう、企業の技術戦略やイノベーション戦略について学ぶ一方で、地域の産業や地方創生における地域連携についても学習しています。

「東広島には世界の中でもオンリーワンとなっている地元企業がたくさんあります。学生の間に、大学だけでなく地元東広島でも色々な経験を積み、活躍して欲しい。」と力強いメッセージをいただきました。

特別講義に集まった学生達

また、藏田市長の講義の後、「地域マイスター留学」(学生が地元企業で就労体験を行い、その後就労体験を行った企業の広報を担う東広島市の制度)の学生による企業紹介が行われました。

工学研究科2年の芦田洋一郎さん

総合科学部3年の長尾沙也加さん

講義を終えて、芦田さんは「これからも、外から見るだけでは分からない企業の研究力の高さをしっかり伝えたい」、長尾さんは「企業の方と意見を交わしながら広報する内容をまとめあげていくのは大変でしたが、人前で話すことに慣れてきたのがよかったです」と語ってくれました。

【お問い合わせ先】
広島大学社会産学連携室広報部広報グループ

E-mail:koho*office.hiroshima-u.ac.jp
(注:*は半角@に置き換えた上、送信してください)


up