• ホーム
  • 広島大学短期交換留学プログラム(HUSA)留学生による「グローカル・リーダーシップ・プロジェクト:大学と地域の協働~留学生の自助支援~」を開催しました

広島大学短期交換留学プログラム(HUSA)留学生による「グローカル・リーダーシップ・プロジェクト:大学と地域の協働~留学生の自助支援~」を開催しました

1月31日、広島大学短期交換留学プログラム(HUSA)の留学生が、東広島キャンパスの学生プラザにて「グローカル・リーダーシップ・プロジェクト:大学と地域の協働~留学生の自助支援~」実践研究グループプロジェクト中間発表会第1回を開催しました。

北米・南米・ヨーロッパ・オセアニア・アジアの15カ国30大学からの交換留学生39人の代表4グループが、HUSA担当の恒松直美国際センター准教授による英語と日本語の司会・進行のもと自助支援プロジェクトの提案を行いました。留学生は、昨年10月にプロジェクトを開始し、地域の方々にアンケート調査をするなどして、地域との連携を目指して進めています。今回は4グループが留学生による自助支援の企画発表を行いました。

発表するHUSAプログラム留学生

発表会は、地域公開として開催され、地域企業や市議会からも参加を得るとともに、学内の教員・大学院生からも貴重なフィードバックをいただきました。企画を意義あるものにするための貴重な示唆を得るとともに、厳しい審査もしていただくことができました。

発表へのフィードバックを聞くHUSA交換留学生

現在、地域で開催される特有の文化行事の紹介、留学生に役立つ東広島の病院の情報、自炊に役立てるための調理法の紹介など、留学生活に役立つ自助支援のプロジェクトが進行中です。

【お問い合わせ先】
広島大学国際センター国際教育部門(准教授)
恒松 直美

Email: ntsunema*hiroshima-u.ac.jp
(注:*は半角@に置き換えた上、送信してください)


up