• ホーム
  • 広島大学体育会同窓会総会・講演会・懇親会を開催しました

広島大学体育会同窓会総会・講演会・懇親会を開催しました

広島大学体育会同窓会は、2月4日、総会・講演会・懇親会を広島市内のホテルで開催しました。当日は卒業生、在学生、教職員など計260人が集まり、会場を埋め尽くしました。

総会では、第15回 皇(すめらぎ)賞の表彰式が行われ、クラブやクラブ同窓会に貢献いただいた方など9人を表彰しました。
「皇(すめらぎ)賞」は、広島大学体育会同窓会初代会長に就任した、本学第2代学長の皇至道(すめらぎ・しどう)氏にちなんで設けられたもので、クラブの指導・援助に尽力された方などを表彰するものです。

皇賞表彰式の模様

総会に続いて行われた講演会では、出口達也 教育学研究科教授によるコーチング論の講演が行われました。

出口教授は、柔道におけるコーチングの指標構築を研究されており、アテネオリンピックにおいて谷亮子選手のコーチを務められた経験をお持ちです。

参加者は、出口教授の理論と実践を交えた講演に熱心に聞き入りました。

講演する出口教授

懇親会では、山根恒弘会長(工学部卒、ヨット部OB、ヤマネホールディングス(株)代表取締役会長)と山坂哲郎理事長(教育学部卒、硬式野球部OB、株式会社バルコム代表取締役)のあいさつ、越智光夫学長(校友会会長)の祝辞の後、歓談に移り、懐かしい仲間と声をかけあい、学生時代に戻って笑うグループが会場いっぱいに広がりました。

広島大学体育会同窓会の盛り上がりは、課外活動における世代を超えたつながりの強さをあらためて認識するもので、参加者はクラブ活動が「生涯の財産」となる仲間作りの絶好の機会であることを強く感じる会となりました。

懇親会出席者による集合写真

【お問い合わせ先】
広島大学財務・総務室総務グループ(校友担当)

TEL 082-424-6015 eメールアドレス sec*phoenix.hirodai.jp(*は半角@に置き換えてください)
(注:*は半角@に置き換えた上、送信してください)


up