• ホーム
  • 森戸高等教育学院3+1プログラム学生、指導教員および学長との懇親会を開催しました

森戸高等教育学院3+1プログラム学生、指導教員および学長との懇親会を開催しました

2017年2月14日、森戸高等教育学院3+1プログラム(注)学生と指導教員および学長との懇親会を開催しました。

この会は、今年度より開始した「広島大学森戸高等教育学院3+1プログラム」で受け入れた学生の近況や留学生活の感想を聴くとともに、指導教員との率直な意見交換を行うことを目的に開催し、学生16名を含む30名の関係者が参加しました。

越智学長からの挨拶の後、佐藤理事・副学長が乾杯の発声をして会が始まりました。

終始和やかな雰囲気の中、学長、理事と指導教員、留学生の間で活発な交流が行われました。
 

(注)このプログラムは、中国をはじめとする海外の大学で3年次または2年次までの課程を修了した学生を特別聴講学生として本学に受け入れ、専門教育や派遣元大学に提出する卒業論文の指導などの教育を行う新たな取り組みです。プログラム終了後は、外国人研究生を経て本学の大学院へ進学してもらうことも想定しています。そのための環境も整備しています。
 

佐藤理事・副学長による乾杯

越智学長(右)と学生の懇談の様子

教員と学生の懇談の様子

笑顔あふれる参加者

【お問い合わせ先】
広島大学国際室国際部国際交流グループ  吉盛

TEL:082-424-6184 
E-mail:kokusai-senmon*office.hiroshima-u.ac.jp  
(注:*は半角@に置き換えた上、送信してください)


up