• ホームHome
  • フランス放射線防護研究機関に放射線災害復興国際協力センターを設置しました

フランス放射線防護研究機関に放射線災害復興国際協力センターを設置しました

広島大学はフランスの研究機関である原子力防護評価センター(CEPN)と学術・教育交流に関する協定を平成29年2月9日に締結しました。

このことを受けて、3月25日、CEPN内に、新たに教育研究拠点「Hiroshima University – CEPN Radiation Disaster Recovery International Cooperation Center」を開所しました。

看板を手にするCEPNシュナイダーセンター長(左)と神谷副学長(右)

神谷研二副学長(復興支援・被ばく医療担当)、 放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム責任者のコメント

フランスCEPN(原子力防護評価センター)は、ヨーロッパの放射線防護分野での重要な拠点です。

この度、当センターと包括協定が締結され、それに基づきCEPN内に広島大学の教育研究拠点「Hiroshima University - CEPN Radiation Disaster Recovery International Cooperation Center」が設置されたことは、大変大きな意義があると思います。

CEPNをヨーロッパでの活動拠点として、「放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム」の大学院生のインターンシップや、チェルノブイリ原子力発電所周辺地域でのフィールドワークを実施したいと思います。CEPNは、チェルノブイリ原発事故後のエトス・プロジェクト等の復興支援活動において国際的な実績があり、学生教育に大変大きな効果があることを期待しています。

さらに、CEPNとの共同研究や共同プロジェクトを立ち上げると共に、ヨーロッパでのネットワークを構築し、情報収集の拠点とする予定です。

広島大学は、現在も欧州委員会(EC)の国際共同研究プロジェクト「SHAMISEN」にCEPNと共に参加し、活動をしています。このプロジェクトは、福島やチェルノブイリの原発事故での経験を踏まえて、原発事故が起きた時に、放射線防護や健康管理に必要なプロトコールを欧州委員会に提言しようとするものです。

今後も、この様なヨーロッパを中心とした活動への参加や福島事故や原爆被爆者の現状をヨーロッパに紹介する窓口としても積極的にCEPNを活用して行きたいと思っています。

【お問い合わせ先】
広島大学フェニックスリーダー育成プログラム事務室

Tel:082-424-4639
E-mail:phoenix-program*office.hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up