• ホームHome
  • 前広島東洋カープ監督の野村謙二郎氏が教育学研究科に入学しました

前広島東洋カープ監督の野村謙二郎氏が教育学研究科に入学しました

前広島東洋カープ監督(現野球評論家)の野村謙二郎氏が、4月3日に本学大学院教育学研究科(博士課程前期)に入学しました。

野村氏は、本年2月に大学院入試(社会人特別選抜)に合格し、教科教育学専攻健康スポーツ教育学専修に籍を置いて学生生活を送ることになりました。

4月4日に行われたオリエンテーションに出席した野村氏は、報道陣に囲まれる中、「皆さんのお父さんの世代だけど、指導者を経験する中でスポーツ医学の必要性を感じ、セカンドキャリアとして学ぼうと入学しました」と自己紹介しました。

指導教員の出口達也教授とカリキュラムに関する打ち合わせの後、「監督時代から肌で感じていた選手にどうすれば伝わるかといった指導方法の時代の流れによる変化について興味があったので、コーチング学やスポーツ心理学について学びたい」と抱負を語りました。同期生と打ち解けた様子でラインを交換する場面もあり、「私が入学し学生と一緒に就学することで学生に良い刺激を与えていければ」と話していました。

ガイダンスの模様(左から3人目)

教職員、学生を前に自己紹介する野村氏

同期生との記念撮影

指導教員の出口達也教授と笑顔で握手を交わした

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

TEL: 082-424-6762
E-mail: koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up