• ホームHome
  • インドネシア マウラナ・マリック・イブラヒム国立イスラム大学マラン校のムタロマ学部長が本学を訪問しました

インドネシア マウラナ・マリック・イブラヒム国立イスラム大学マラン校のムタロマ学部長が本学を訪問しました

 2017年8月3日、マウラナ・マリック・イブラヒム国立イスラム大学マラン校のムタロマ理工学部長とロマイディ講師が本学東広島キャンパスを訪問し、越智学長と会談しました。

 マウラナ・マリック・イブラヒム国立イスラム大学マラン校は東ジャワ州のマランにある国立大学です。今回の訪問は、本学理学研究科の卒業生であるロマイディ講師との繋がりから実現したものです。

 広島大学には1,443名の外国人留学生が在籍しています。出身国別の留学生数について、インドネシアは中国に次いで2番目に多く、154名の留学生が本学で学んでいます。今回の懇談では、両大学間の学術交流についても協議を行いました。今後の両大学間の交流拡大が期待されます。

表敬訪問の様子

記念撮影(左から、ロマイディ講師、楯理学研究科長、越智学長、ムタロマ学部長、佐藤理事・副学長)

【お問い合わせ先】
広島大学国際交流グループ

TEL : 082-424-6045


up