• ホームHome
  • インド・科学産業研究委員会のギリシ・サーニ氏などが本学を訪問しました

インド・科学産業研究委員会のギリシ・サーニ氏などが本学を訪問しました

2017年10月4日、インド・科学産業研究委員会のギリシ・サーニ氏ら6人が、在大阪・神戸インド総領事館のT. アームストロング・チャンサン総領事とともに本学東広島キャンパスを訪問し、越智光夫学長と会談しました。

一行は、10月2日から5日にかけて、本学の研究施設などを見学するとともに、本学の教員などと教育、研究について意見交換を行います。

同日、広島大学は、CSIR(Council of Scientific & Industrial Research:インド科学産業研究委員会)とLoI(LETTER OF INTENT)を締結しました。

CSIRは、科学技術研究の振興、科学者の養成、研究環境の向上、知的財産活動などを主要な活動とする、インド共和国・首相直下の政府系の研究開発機関です。傘下に37の国立研究所を有するなどインド最大の研究開発機関です。
今後、相互間の教育研究交流を発展的に進めていきます。

意見交換の様子

LoIを手に記念撮影するギリシ・サーニ氏(右)と越智学長(左)

出席者による記念撮影

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

TEL:082-424-3701
E-mail:koho*office.hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up