• ホームHome
  • ザンビア一般教育省事務次官が本学を表敬訪問しました

ザンビア一般教育省事務次官が本学を表敬訪問しました

2017年11月29日にザンビア一般教育省事務次官ヘンリー・ツコンベ氏が本学に訪れ、越智学長に表敬訪問を行いました。

ツコンベ事務次官からは、2005年から開始された授業研究支援プロジェクト、その後の理数科カリキュラム改訂、そして現在JICA支援により実施中の教員養成支援プロジェクトなど広島大学が長きに渡り、ザンビア教育分野に貢献してきていることに感謝の意が示されました。越智学長からは、本学国際協力研究科のザンビア特別教育プログラム(修士号取得とJICA青年海外協力隊員派遣の組み合わせ)によりこれまでに30人の学生がザンビアに派遣されていることに触れ、今後とも教育、研究、社会貢献の面でザンビアと本学との強い結びつきを維持、発展させていきたいと述べました。

今回の訪問では、国際協力研究科を2011年に修了したベンソン・バンダ氏(ザンビア国立科学センター所長)もザンビア側一行として来学しました。越智学長からは、広島大学の修了生として、さらなる活躍を期待しますと述べました。

【お問い合わせ先】
広島大学国際協力研究科
教育文化講座 特任准教授 澁谷 和朗

TEL:082-424-6922(直通)
E-mail: kshibuya*hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up