• ホームHome
  • 本学のグローバルサイエンスキャンパス事業で学ぶ高校生が国際フォーラムでポスター発表を行いました

本学のグローバルサイエンスキャンパス事業で学ぶ高校生が国際フォーラムでポスター発表を行いました

11月29日から11月30日の2日間、台湾において、IEEE(世界最大の電気電子専門家組織)などによる国際フォーラム「The 26th IEEE Asian Test Symposium (ATS'17)」で、本学のグローバルサイエンスキャンパス事業を受講する高校生13人がポスター発表を行いました。

受講生らは、コンピュータやネットワーク、システムなどに関する発表や意見交換を行うために世界各国から集まった技術者や研究者などに、自分たちの研究の成果を英語で説明しました。

ポスター発表の会場の様子

受講生の一人は、「自分の研究について、どのように実現を可能とするのか指摘を頂いた。この点についてはまだ曖昧であることを確認できた。今後実現できるように頑張りたい」と話し、研究者との議論を振り返りました。

発表した皆さんの記念写真

※グローバルサイエンスキャンパスとは?
科学に興味を持つ高校生のために大学の中で行っている最先端の理科系の講義や実習、研究開発に触れる機会を提供するプログラムです。
グローバルサイエンスキャンパスでは、高校生の時期から国際的な視野で物を考える習慣や自分で問題解決する力や自分で深く考える論理力を養い、同じ志の仲間を得て共に学ぶことで、日本の科学技術を支える人材の育成を目指しています。

【お問い合わせ先】
広島大学教育支援グループ

TEL: 082-424-4835


up