• ホームHome
  • 総合科学部2年生の姫野一陽さんの作品が第52回「NHK障害福祉賞」で優秀作品に選ばれました

総合科学部2年生の姫野一陽さんの作品が第52回「NHK障害福祉賞」で優秀作品に選ばれました

障害のある人自身の貴重な体験記録や、障害児・者の教育や福祉の分野でのすぐれた実践記録などに対して贈る「NHK障害福祉賞」(NHK厚生文化事業団)の優秀作品に、広島大学総合科学部2年生の姫野一陽さんが書いた『雲外蒼天』という作品が選ばれました。

52回目を迎える本賞は、今回435編の応募の中から、11の作品が入選しました。姫野さんの作品、賞の詳細は、以下のリンク先ページからご覧ください。

【姫野さんの受賞コメント】

今回このような名誉ある賞を頂き大変嬉しく思います。

作品名にしています「雲外蒼天」という四字熟語は「困難を乗り越え、努力して克服すれば快い青空が望める」という意味です。初めてこの四字熟語に出会った時まさに僕の人生の縮図のような言葉であると強く感じさせられました。

作品中にも書いたように僕はこれまで治療面だけでなく私生活の面においても外見の病気ゆえに辛い思いや悲しい思いをしたことが何度もあります。振り返ってみるとなんてことないことでも困難に直面している時は不安や恐怖が自分を支配していて、世界の全てかのように感じるものです。僕も高校時代に誹謗中傷の被害にあった際、世界中の全ての人が自分の敵であるかのように感じてしまうこともありました。

しかしあれから約3年たった今。僕は広島大学に入学して日々充実した学生生活を送り、今回このような名誉ある賞を受賞させて頂くこともできました。高校時代には想像もしていなかった青写真を今描くことができているのは僕自身の力だけではなく素晴らしい友人や僕を信頼してくれた先生方、そして家族の存在があったからこそです。

そういった方々に恩返しをするためにも、また僕と同じように病気や障がいで一歩を踏み出せない方のためにも、僕はこれからも自分を信じてどんな困難にも負けず自分色の青写真を描いていきます。

 

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

Tel: 082-424-6131
Mail: koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*は@に置き換えてください)


up