• ホームHome
  • カンボジアで広島大学留学説明会およびPEACE学生交流プログラム説明会2017を開催しました

カンボジアで広島大学留学説明会およびPEACE学生交流プログラム説明会2017を開催しました

12月23日、広島大学はプノンペンのカンボジア工科大学(2017年11月に協定締結)キャンパス内において、「広島大学留学説明会およびPEACE学生交流プログラム説明会2017」を開催しました。日本への留学に関心のあるカンボジア人現地学生(大学生および高校生)と、現地大学の教員や政府機関の職員など約450人が参加しました。

説明会は、カンボジア工科大学のホル・セインハン氏およびカンボジア教育、青少年、スポーツ省高等教育局副局長のライ・ソペック氏のあいさつに続き、広島大学およびPEACE学生交流プログラムを紹介しました。

次に2017年前期に同プログラムで交換留学生として本学に留学したカンボジア人学生4人(王立プノンペン大学からシム・リダ氏とカーン・チャンメイ氏、健康科学大学からポー・ロスピセス氏とトゥイ・ダウィン氏)による留学体験談、説明会に参加した3研究科(工学研究科、生物圏科学研究科、国際協力研究科)の代表教員による各研究科紹介の後、各種奨学金(JDS奨学金、国費奨学金、本学の留学生支援)の紹介を行いました。

JDS奨学金については、同奨学金プログラムを利用して本学に留学し、現在カンボジア教育、青少年、スポーツ省に勤務するカオ・ソヴァンソファル氏(2013年本学修士課程修了)が、また国費奨学金は、同プログラムで本学に留学し、現在カンボジア開発資源研究所に勤務するイアム・ピロム氏(2017年本学博士課程修了)から体験談、奨学金申請および面接のコツなど、実践的な話しがありました。

説明会が開かれている間、各研究科は専用のブースにおいて個別留学相談を実施し、参加学生に対してより具体的で詳細な情報提供を行いました。

広島大学は、大学の世界展開力強化事業(アジア諸国等との大学間連携の枠組み強化-タイプB-タイプB:ASEAN)に採択され、CLMV諸国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、タイ)からの外国人留学生の受入れの拡充を進めています。これらの活動を通じて、より多くの学生が海外から本学に留学することが期待されます。

全体説明会の様子

会場の様子

ブース相談の様子

【お問い合わせ先】
広島大学国際交流グループ

TEL: 082-424-6184


up