• ホームHome
  • 総合科学部4年の小川夏弥さんが「日本野球科学研究会第5回大会」で優秀賞に選ばれました

総合科学部4年の小川夏弥さんが「日本野球科学研究会第5回大会」で優秀賞に選ばれました

 12月16日、17日、神戸大学で行われた日本野球科学研究会第5回大会で、小川夏弥さん(広島大学総合科学部4年)の研究発表が優秀賞に選ばれました。テーマは「投球の学習における関節間協調の変化」について。

 本研究では、コントロール上達メカニズムを明らかにすることを目的とし、一か月間、非利き手での投球実験を行いました。その結果、投球の正確性の向上には、毎試行同じフォームで投げる関節角度の再現性と、複数の関節をうまく組み合わせる協調性の両方が貢献していることを明らかにし、スポーツの指導現場で活かすことのできる知見を得ることができました。

 「このような賞をいただくことができ、とても光栄です。今回の経験や頂いた意見を活かし、卒論がより良いものになるよう今後も頑張っていきます。」と小川さんは受賞の喜びを語りました。

研究発表の様子

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

TEL: 082-424-3701
E-mail: koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up