• ホームHome
  • 中国産業株式会社と包括的連携協力協定を締結しました

中国産業株式会社と包括的連携協力協定を締結しました

国立大学法人広島大学(学長:越智光夫、広島県東広島市、以下「広島大学」)と中国産業株式会社(代表取締役社長:福居裕晃、広島県東広島市、以下「中国産業」)は、2018年1月22日付けで包括的連携協力協定を締結しました。

本協定は、相互の連携と協力により、次条の事業を推進し、東広島市及び関係地域への貢献並びに両者の一層の発展に寄与することを目的としています。交通安全に係る教育研究に関すること、東広島市及び関係地域が抱える課題の調査研究、学生の国際交流等に関することなどについて連携していきます。

越智学長は、「中国産業は、東広島において60年以上と、本学よりも長い歴史を有しております。また、地域密着を掲げ、地域の方々に愛されております中国産業と本協定を結ぶことは、本学が掲げる中四国のリージョナルセンターとしての機能を果たしていく上でも非常に意義のあることと感じております。また、今回、本学としては初めて、自動車学校、ホテル業などの事業を展開する企業と包括協定を結びます。本学は総合研究大学であります。本学教員の幅広い知見をご活用いただき、特に文系教員の研究シーズなどと組み合わせることにより、いままでにない連携成果が生まれるものと期待しております」とあいさつをしました。

越智学長(中央左)と福居代表取締役社長(中央右)

登壇者による記念撮影

【お問い合わせ先】
広島大学社会連携グループ(担当:小田)

TEL: 082-424-5871
FAX: 082-424-6031
E-mail: sangaku-renkei*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up