• ホームHome
  • 広島大学と理化学研究所の協定締結式と共同研究拠点開所式が行われました

広島大学と理化学研究所の協定締結式と共同研究拠点開所式が行われました

理化学研究所と広島大学は2018年3月1日、連携・協力の推進に関する基本協定を締結し、広島大学イノベーションプラザ(東広島市・広島中央サイエンスパーク内)にて締結式を行いました。

また、同日に、同プラザにおいて理化学研究所による「理化学研究所広島大学共同研究拠点」が設置され、広島県知事や東広島市長を始め、文部科学省基礎研究振興課長、産業技術総合研究所理事長、酒類総合研究所理事長ほか関係の方々に出席いただき、開所式が行われました。

締結式で、越智光夫学長は「この協定締結を契機とした研究協力、人材交流を通じて得た成果により、新しい価値や知識の創造と、それに基づいた産学連携、イノベーション創出を目指します」と展望を語りました。
また、理化学研究所の松本紘理事長は「広島大学との協定締結により、我が国の科学技術発展のための1つの柱である科学技術ハブ構想を実現するための足掛かりにしたい。生命システム研究センターをきっかけに、他の幅広い分野での研究協力をはじめ、人材育成に期待する」と抱負を述べました。
 
開所式では、松本理事長は「今回の協定をきっかけにして地方創生や県産業の発展に貢献したい。広島大学の学生と研究することにより、人材育成にも努めたい」と挨拶しました。

越智学長は「共同研究成果の社会実装、県産業の技術力向上など、広島地域に貢献し、中四国のハブ拠点を形成し、世界トップレベルの研究成果発信を目指していきたい」と期待の言葉を述べました。

開所式終了後には、共同研究拠点の概要紹介や見学ツアーが実施され、今回の移転に伴って導入された最新の電子顕微鏡の説明も行われました。

今回の協定締結、共同研究拠点の設置により、両機関が持つ研究開発力、研究環境、および人材を活かした連携・協力の新たな枠組みを構築。両機関の総合的な研究開発力を相乗的に発揮して、科学技術の振興、教育の発展並びに地方創生に重要な役割を果たしていくと期待されます。

【お問い合わせ先】
広島大学社会連携グループ(担当:小田)

TEL: 082-424-5871
FAX: 082-424-6031
E-mail: sangaku-renkei*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up