• ホームHome
  • 国際産学官連携セミナーを開催しました

国際産学官連携セミナーを開催しました

広島大学と国際交流協定校であるメキシコのグアナファト大学が共催で国際産学官連携セミナー(Seminario Internacional Triple Hélice)をグアナファト大学セラヤキャンパスにて開催しました。グアナファト大学の学生・研究者をはじめ、産学官各領域からも多くの参加者があり、全体で150人程でした。

また、講演者はメキシコ、日本の他、米国、スペイン、フランス、ポルトガル、ポーランド、ロシアの計8か国(スペイン、ロシアはTVシステムにて参加)の大学にて産学官領域を担当している教員等で、広島大学からは、産学・地域連携センターの平見特任教授が本学の産学官連携に対する取り組みを、生物圏科学研究科の三本木教授及びカムランシー助教が共同研究パートナーとの連携に関し具体例を紹介しました。

各大学から、近年大学では教育、研究に次ぐ第三のミッションである社会貢献活動が大切になってきており、産学官連携活動を強化しているという声が多く聞かれました。

今回は各国の大学の国際産学連携の担当者が一堂に会するという貴重なセミナーとなり、今回の参加者を核にネットワークを広げていくことを確認しセミナーは終了しました。

8カ国(2カ国はTVシステム参加)から集まった講師陣

屋外に設けられた講演会場に150人以上の聴衆が集まりました

【お問い合わせ先】
広島大学社会連携グループ

TEL: 082-424-5672
E-mail: sangaku-renkei*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up