• ホームHome
  • 広島市内で広島大学体育会同窓会総会を開催、同窓生・学生230人が集いました

広島市内で広島大学体育会同窓会総会を開催、同窓生・学生230人が集いました

広島大学体育会同窓会は3月24日、広島市内のホテルにおいて、総会・講演会・懇親会を開催しました。当日は卒業生、在学生、教職員など計230人が集まりました。これまで隔年で開催していた本会ですが、昨年度から毎年開催となりました。

総会では、第16回 皇(すめらぎ)賞の表彰式が行われ、クラブやクラブ同窓会に貢献した同窓生など13人を表彰しました。

「皇(すめらぎ)賞」は、広島大学体育会同窓会初代会長に就任した、本学第2代学長の皇至道(すめらぎ・しどう)氏にちなんで設けられたもので、クラブの指導・援助に尽力された方などを表彰するものです。

皇賞表彰式の模様

総会に続いて行われた講演会では、ヨット部OBの野中喜雄さん(総合科学部卒)から、今年10月にアジアで初めて開催される『2018ハンザクラスワールド&インターナショナルチャンピオンシップ広島大会』の紹介がありました。

参加者は、野中さんの障害のある方のセーリングスポーツの振興にかける熱い思いに熱心に聞き入りました。

懇親会では、山根恒弘会長(工学部卒、ヨット部OB、ヤマネホールディングス(株)代表取締役会長)と山坂哲郎理事長(教育学部卒、硬式野球部OB、(株)バルコム代表取締役)のあいさつ、越智光夫学長(体育会会長)の祝辞の後、クラブごとにテーブルを囲んで、懐かしい仲間と声をかけあい、同窓生と学生が交流を深めました。

また、皇(すめらぎ)賞の受賞者で、約10年間休部状態だった応援団を復活させ、2018年3月に卒業する応援団の吉田健祐さんの学生時代最後の演舞も行われ、会場を盛り上げました。

あいさつする山根会長

応援団の演舞(左1人目が吉田さん)

広島大学体育会同窓会の盛り上がりは、課外活動における世代を超えたつながりの強さをあらためて認識するもので、参加者はクラブ活動が「生涯の財産」となる仲間作りの絶好の機会であることを強く感じる会となりました。

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up