• ホームHome
  • NHK番組「ニッポンのジレンマ」の公開収録に200人が参加

NHK番組「ニッポンのジレンマ」の公開収録に200人が参加

2018年4月15日、広島大学東広島キャンパス教育学部L205講義室において、NHK番組「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」の公開収録が行われました。本学の若手教員と、本学学生をはじめOBやOG、一般参加者ら約200人が参加し、「今、大学って、学問ってナンだ?~学問領域のジレンマ」と題して活発な議論を繰り広げました。

MCの社会学者古市憲寿氏とNHKアナウンサーの赤木野々花氏の和やかなトークからスタート。続いて広島大学から大学院文学研究科 松本舞助教、大学院生物圏科学研究科 岩本洋子助教、大学院工学研究科 杉川幸太助教、広島大学OBでウェブデザイナーの東信吾氏の4人が登壇し、収録が開始されました。

会場の学生に対する質問では、最初のうち、あまり意見が出ませんでしたが、時間を追って我こそはと挙手をする学生が続出しました。大学での学びは必要なのか、文系学問が何の役に立つか、といった疑問に対する意見が様々な視点から飛び出すなど、議論が盛り上がりました。

また、本学が取り組んでいる必修科目の平和科目を実施していることについての議論も繰り広げられ、収録時間の2時間30分はあっという間に過ぎて行きました。

当日の模様は、4月28日(土)深夜(29日0:15~1:15)NHK Eテレで全国放送されます。若手教員と学生たちの広島大学に対する生の声を是非ご覧ください。

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

E-mail: koho*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up