• ホームHome
  • 特別講義「世界に羽ばたく。教養の力」第3回で、越智光夫学長が講演しました

特別講義「世界に羽ばたく。教養の力」第3回で、越智光夫学長が講演しました

越智光夫学長が講演しました

特別講義「世界に羽ばたく。教養の力」の第3回目は4月24日、越智光夫学長が講演しました。会場の東千田未来創生センター(広島市中区)には、主に法学部、経済学部の学生ら約80人が来場しました。

越智学長は、広島大学の概要説明をした上で、「世界でトップ100を目指す総合研究大学に入学したことに誇りを持ち、自ら積極的に勉学に励んで、日本をリードする存在になってもらいたい」とエールを送りました。

また、自身の経歴を紹介する中で、人生の岐路となった体験談を挙げ、「人生はいつ何が起こるかわからない。常に考え、その時に備えておくことが大事」「自分一人では何もできない。先輩や後輩、友人が財産」と語り、今後の人生において、努力を惜しまないこと、国内にとどまらず様々な人達とのネットワークを築くことが大事であると話しました。

講演後に学生から、「どんなときに新しいアイデアが生まれるのか。そのためには何が必要か」といった質問があり、「アイデアはいつでも生まれ得るが、そのためには、基本的な知識を備え、常に疑問を持ち、考えていることが必要」と回答しました。

講演の様子

講演の様子

学生に発言を求める学長

学生に発言を求める学長

広島大学は、教養教育の一環として、スポーツ、芸術、科学、ビジネスなど世界で活躍されているリーダーをお招きした講演会「世界に羽ばたく。教養の力」を学部新入生対象に、昨年度から実施しています。

2018(平成30)年度からは、新たに開設する全学部必修科目「大学教育入門」の一環として実施し、全学部の新入生が必ず2回聴講することになります。

【お問い合わせ先】
広島大学 教育推進グループ(教養教育担当)

E-mail:gsyugaku-group*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up