• ホームHome
  • 【2018/6/4開催・東広島】第65回広島大学バイオマスイブニングセミナー(第34回広大ACEセミナー)を開催します

【2018/6/4開催・東広島】第65回広島大学バイオマスイブニングセミナー(第34回広大ACEセミナー)を開催します

広島大学バイオマスプロジェクト研究センターと中国地域バイオマス利用研究会の共催で広島大学バイオマスイブニングセミナーを開催しています。バイオマスに関する基本的な考え方から最先端の情報までをカバーして、この地域におけるバイオマスの活動に資することを目的とするものです。第65回を以下の日程で開催しますので、ご参集下さい。

日時

2018年6月4日(月) 16:20~17:50

場所

広島大学東広島キャンパス工学部110講義室

※広島大学までのアクセスについてはこちら
※工学部の構内建物配置についてはこちら
※工学部の講義室の配置についてはこちら

プログラム

解説:広島大学大学院工学研究科 教授 松村 幸彦
司会:広島大学大学院工学研究科 博士研究員 Nattacha PAKSUNG

◆講演: 中国電力株式会社エネルギア総合研究所総合エネルギー技術グループ副長(主管研究員)、工学博士、技術士 和田 泰孝

「焼酎粕の1ヵ月連続DSS超臨界水ガス化試験計画について」
焼酎粕は含水性バイオマスで、腐敗し易く重いため輸送や廃棄コストが非常に高いです。超臨界水ガス化技術を使うと含水性バイオマスである焼酎粕を燃料ガスへ変換可能であり、蒸溜蒸気供給と排水処理を行う事ができます。ラジカル補足剤と急速加熱の効果で60 h DSS連続ガス化試験に成功しており、焼酎工場での実用化を目指したNEDOプロジェクトとしてパイロット装置を改造し行う1ヶ月連続DSS 試験を計画中なので御報告します。

◆講演: 広島大学大学院工学研究科 M1 横山 裕生

「水熱粉砕における発酵阻害物質生成」
今回の研究の目的は、ディスクミルを用いた水熱粉砕前処理時に得られる液相中に溶解していると考えられる発酵阻害物質の特定と定量です。今回の研究に使用した試料は初期粒径2.0-2.8 mmのユーカリであり、それをディスク間距離の条件を0.5、1.0、1.5 mmと変えて、水熱温度130 ℃、ディスクの回転速度100 rpmで前処理を行ったものでした。得られた液相は高速液体クロマトグラフィーによって分析しました。その結果、発酵阻害物質として醋酸、ギ酸が微量計測されました。

なお、18:00より意見交換会(参加費 800円)を開催します。ご都合の付く方はこちらにもご参加下さい。

【お問い合わせ先】
広島大学大学院工学研究科機械システム工学専攻内
中国地域バイオマス利用研究会

TEL:082-424-5762
FAX:082-422-7193
E-mail:bprc*hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up