• ホームHome
  • 国際協力研究科の学生や留学生らがW杯を観戦しました

国際協力研究科の学生や留学生らがW杯を観戦しました

6月28日、大学院国際協力研究科の学生有志ら30人余りが同研究科のセミナールームに集い、ワールドカップサッカーの日本対ポーランド戦を観戦しました。日本との対戦国であるポーランド出身の留学生や、先日対戦したセネガル出身の留学生も同席し熱い声援をおくりました。

ポーランド出身の留学生ウルバノビッチ・シモン・アンジェイさんは「ポーランドはグループリーグ敗退が決定しているが、最後に誇りを見せることができてよかった。決勝トーナメントでは日本に頑張ってもらいたい」と話しました。

イベントを企画した植村兼三さんは「国境を越えた仲間たちが参加することで応援がとても盛り上がった。ポーランドもセネガルもとても頑張っていた。決勝トーナメントではみんな揃って日本を応援したい」と語りました。

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

E-mail: koho*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up