• ホームHome
  • フィリピン・ミンダナオ バンサモロ自治政府公務員候補者第6期広島初修研修生が越智学長を表敬訪問しました

フィリピン・ミンダナオ バンサモロ自治政府公務員候補者第6期広島初修研修生が越智学長を表敬訪問しました

7月25日、フィリピン・ミンダナオから20代のバンサモロ自治政府公務員候補者12人が越智学長を表敬訪問しました。

研修生一人ひとりが簡単な自己紹介をすると、学長も自身の専門について語るなど、和やかで若々しい訪問となりました。

越智学長は「広島大学は幅広い分野で平和に貢献する活動を行っています。皆さんの研修成果が安定した自治政府の設立に役立ち、地域の平和の礎となることを願っています」と話しました。

研修生は「広島大学で受けたホスピタリティは忘れることができません。広島での研修で学んだ数多くのことを持ち帰り、よりよい政府を作りたいと思います」と決意を述べました。

広島大学は、広島県と共同で、フィリピン共和国ミンダナオ地域の和平の定着を支援する平和構築事業を、独立行政法人国際協力機構(JICA)草の根技術協力事業により2014年から行っています。

この事業の一環で行われる本研修は、広島県の各部署の職員や広島大学の教員による特別の講義を受講し、また行政の現場に出かけて実務や課題を学ぶものです。第二次世界大戦の激戦地にもなったバンサモロ地域に平和が定着するよう、広島から平和の尊さと復興を学び、住民が平和の意味を実感できる効率的な政府を実務的に運営できる人材を養成することを目的しています。

【お問い合わせ先】
広島大学大学院社会科学研究科
HiPeC-BM プロジェクト事務所 (担当: 神谷・福岡)

TEL/FAX: 082-424-6936


up