• ホームHome
  • 広島大学と首都師範大学が図書館間の国際交流協定を締結しました

広島大学と首都師範大学が図書館間の国際交流協定を締結しました

広島大学と首都師範大学は、2002年10月に大学間協定を締結し、また、海外教育研究拠点として、首都師範大学国際文化学院の中に、広島大学北京研究センターを設置しています。2015年9月には、共同大学院プログラムを設立するなど、これまで両校の交流を深めてきました。

この度、広島大学図書館と首都師範大学図書館は、両機関のさらなる友好関係を築き、図書館間の交流活動の実施に向けて、部局間交流協定を新たに締結しました。2018年7月26日、中央図書館で行われた調印式では、広島大学図書館から寺本康俊図書館長が、首都師範大学から石長地図書館長が出席し、協定書への署名を行いました。

本協定を契機として、今後は人材育成のための交流訪問の実施、図書館所蔵資料の公開・展示、情報資源の構築を目的とした古典籍の修復・保存協力など、相互交流を展開していく予定です。

【お問い合わせ先】
広島大学図書学術情報企画グループ

TEL: 082-424-6200
E-mail: tosho-kikaku-somu*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up