• ホームHome
  • 相原副学長が文部科学省「情報化促進貢献個人等表彰」を受賞しました

相原副学長が文部科学省「情報化促進貢献個人等表彰」を受賞しました

広島大学の相原玲二副学長(情報担当)が、文部科学省の平成30年度「情報化促進貢献個人等表彰」を受賞しました。

本表彰は、教育・科学技術・文化・スポーツの分野における情報化の促進に関し、顕著な貢献のあった個人または団体を文部科学大臣が表彰するものです。

授賞式は、10月1日に 東京証券会館 で行われます。

【受 賞 者】
相原 玲二 副学長(情報担当)/情報メディア教育研究センター教授

【功績の概要】 

  • 広島大学が他大学に先駆けて平成25年3月に策定した、クラウドサービス利用ガイドラインの作成に貢献した。 定期的にシンポジウムを開催するなどしてガイドラインの普及に尽力し、多くの大学等研究機関で参照されている。
  • 平成29年3月にISMSクラウドセキュリティ認証を国内の学術機関で初めて取得し、学術機関におけるクラウドサービスを含む情報システムのセキュリティガバナンスモデルの構築に貢献した。
  • 平成20年5月に更新した広島大学のキャンパスネットワークにおいて、情報セキュリティを考慮し、一元管理を容易に実現する、新たなキャンパスネットワークアーキテクチャの提案、設計、構築を主導した。

受賞にあたっての相原副学長のコメント

これまで取り組んできた情報基盤の整備・普及と安全・安心な利活用の促進という、地味な活動を高く評価して頂き、大変嬉しく思っています。的確な指導助言を下さった諸先輩方、活動を一緒に推進してきた学内外の多くの皆さんに深く感謝いたします。

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

TEL:082-424-6131
E-mail:koho*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up