• ホームHome
  • リトアニアで第1回日本語スピーチコンテストを開催しました

リトアニアで第1回日本語スピーチコンテストを開催しました

2018年9月24日、広島大学リトアニアセンターが設置されているカウナス市のヴィタウタス・マグヌス大学において、公益財団法人小丸交通財団、広島大学リトアニアセンター及びヴィタウタス・マグヌス大学アジア研究センターの共同主催により、第1回日本語スピーチコンテストを開催しました。当日、会場には、日本語を学習する学生や日本語教員など約50人の聴衆が集まりました。

コンテストでは、小丸成洋 公益財団法人小丸交通財団専務理事(福山通運株式会社代表取締役社長)、アウレリウス・ジーカス ヴィタウタス・マグヌス大学アジア研究センター長及び越智光夫 広島大学長からの開会挨拶に続いて、6人がスピーチを披露しました。

また、表彰式の後には、来賓としてお越しいただいた山崎史郎 在リトアニア日本国特命全権大使からご挨拶を賜り、日本とリトアニアの友好を促進し、両国の架け橋となる人材を育成する行事の開催を激励いただいたほか、締め括りに、佐藤利行 広島大学理事・副学長から閉会挨拶があり、聴衆は最後まで熱心に耳を傾けていました。

なお、本コンテスト出場者のうち上位2人は、小丸交通財団の招待により、広島大学が実施する短期留学プログラム「日本語・日本文化特別研修」へ参加することになっています。

主催者、ご来賓及び出場者の集合写真

【お問い合わせ先】
広島大学国際交流グループ
TEL: 082-424-6042


up