• ホームHome
  • 第3回生体医歯工学共同研究拠点国際シンポジウムを開催しました

第3回生体医歯工学共同研究拠点国際シンポジウムを開催しました

2018年11月8日~9日、サタケ・メモリアル・ホールにて、ナノデバイス・バイオ融合科学研究所(所長:横山新教授)の主催により、第3回生体医歯工学共同研究拠点国際シンポジウムを開催しました。

この国際シンポジウムは、文部科学省の共同利用・共同研究拠点(ネットワーク型)に認定されている「生体医歯工学共同研究拠点」(本学ナノデバイス・バイオ融合科学研究所のほか、東京医科歯科大学、東京工業大学、静岡大学の各研究施設で構成)が、毎年開催しているもので、今回が第3回目となります。

8日に行われたオープニングセッションは、本学の越智光夫学長の開会あいさつに始まり、続いて、文部科学省の西井知紀学術機関課長による来賓あいさつ、宮原裕二拠点長(東京医科歯科大学生体材料工学研究所長)による拠点の概要説明が行われました。

この国際シンポジウムは、4人の海外からの招待講演、224人の国内外の研究者の参加、114件のポスター発表を得て、2日間にわたる最新の成果発表と真剣なディスカッションが行われ、今後ますますの国際共同研究へつながることが期待されます。

越智広島大学長の開会あいさつ

越智広島大学長の開会あいさつ

西井課長の来賓あいさつ

西井課長の来賓あいさつ

シンポジウム参加者による集合写真

シンポジウム参加者による集合写真

【お問い合わせ先】
広島大学ナノデバイス・バイオ融合科学研究所

TEL:082-424-6265


up