• ホームHome
  • 【2018/12/19開催・要申込】広島大学エネルギー超高度利用研究拠点 水素シンポジウム「水素の地産地消とビジネスモデル」を開催します

【2018/12/19開催・要申込】広島大学エネルギー超高度利用研究拠点 水素シンポジウム「水素の地産地消とビジネスモデル」を開催します

東京オリンピックを目前にして、水素の有効利用が進められています。地域での水素利用による新しいビジネスへの興味も高まっています。この状況を踏まえて、水素を地産地消するための技術、システム、経済について議論する機会を設けました。水素の一般的な知識から、その地産地消への提案までを紹介します。水素の利用、水素ビジネスに興味をお持ちの皆様のご参加、活発な議論をいただければ幸いです。

日時

2018年12月19日(水) 13:00~17:00 (意見交換会 17:00~18:00)

会場

TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前 ホール7A
広島県広島市南区大須賀町13-9 ベルヴュオフィス広島
JR山陽本線 広島駅南口 徒歩2分  

対象

一般の方

定員

シンポジウム 180人
意見交換会 70人

参加費

事前申込(12月15日まで) 5,000円
一般 7,000円

意見交換会 3,000円

参加申込み

こちらのページからお申込みください。

プログラム

司会: 松村 幸彦 (広島大学)

13:00~13:05
開会挨拶
西田 恵哉(広島大学エネルギー超高度利用研究拠点代表)

13:05~13:35
講演「水素エネルギーの基礎と展望」
市川 貴之(広島大学・教授)

13:35~14:05
講演「バイオマスからの再生可能水素製造」
松村 幸彦(広島大学・教授)

14:05~14:15
休憩

14:15~14:45
講演「水素社会に向けたPEM系電解技術の最新動向」
熊谷 直和(日立造船株式会社・執行役員)

14:45~15:15
講演「太陽電池・水電解による高効率再エネ水素製造と国際流通の可能性」
杉山 正和(東京大学・教授)

15:15~15:45
講演「エネルギー地産地消に向けた水素を核とした道筋」
古山 通久(物質・材料研究機構・ユニット長/信州大学・教授/広島大学・客員教授)

15:45~17:00
ディスカッション「地産地消の水素戦略」

17:00~18:00
意見交換会 (会場: カンファレンスルーム7B)(参加費 3,000円)

【お問い合わせ先】
広島大学エネルギー超高度利用研究拠点

E-mail: hu-ace-info*ml.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up