• ホームHome
  • 初代学長 森戸辰男生誕130周年記念展示会ならびに学生・留学生等による書道交流会を開催

初代学長 森戸辰男生誕130周年記念展示会ならびに学生・留学生等による書道交流会を開催

2018年12月25日から、広島大学初代学長の森戸辰男(1888年12月23日-1984年5月28日)の生誕130周年を記念して、森戸先生の関連写真や揮毫作品、遺品を展示しました。

展示会初日の25日には、同会場で本学書道部の学生や森戸国際高等教育学院の学生、森戸学長のご息女である檜山洋子氏も交え、森戸先生の作品を見ながら書道を行う交流会も行いました。参加した学生は「森戸先生とお会いしたことはないけど、先生の字をまねることで存在を身近に感じることができた」と話しました。

交流会の後は、森戸辰男記念樹(昭和38年植樹)の前で記念撮影を行いました。
企画展示は2019年1月15日(火)まで開催していますので、お気軽にお立ち寄りください。

嘉陽研究員による開会挨拶

展示写真の説明をする嘉陽研究員

書道部学生による書道

作品を手に持って記念撮影

【お問い合わせ先】
広島大学国際室国際交流グループ (担当: 嘉陽)

TEL:082-424-4566


up