• ホームHome
  • 【2019/2/8開催・東広島・要申込】HIRAKU国際シンポジウム”世界の最先端事例が示す研究者養成のこれから”を開催します

【2019/2/8開催・東広島・要申込】HIRAKU国際シンポジウム”世界の最先端事例が示す研究者養成のこれから”を開催します

広島大学グローバルキャリアデザインセンターでは,科学技術人材育成費補助事業 科学技術人財育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラットフォーム(HIRAKU)」の一環として,国際シンポジウム”世界の最先端事例が示す研究者養成のこれから”を開催します。

「未来を拓く地方協奏プラットフォーム」では,次世代を担う優秀な若手研究者が地方で育ち活躍の場を獲得していくための継続的な仕組みづくり,イノベーションを創出する優秀な人材の育成を通して地方の競争力強化,ひいては中国四国地方を中心とする西日本から日本の未来を拓くことを目指してきました。

本シンポジウムでは,国内外の研究者養成の動向やHIRAKUの軌跡を紹介し,これからの若手研究者養成のあり方について考えます。

日時

 2019年2月8日(金) 13:00~

場所

 広島大学サタケメモリアルホール

申込方法

右記URLよりアクセスし,必要事項をご入力ください。 >> https://goo.gl/wqvbgi
申込締切:2019年2月4日(月)

大会公式サイト

大会プログラム

13:00 開会式
 主催者挨拶 広島大学長 越智 光夫
 来賓挨拶  文部科学省 科学技術・学術政策局 人材政策課 人材政策推進室長 楠目 聖

13:10 – 15:10
<第1部> HIRAKU国際シンポジウム 基調講演
#01
「次世代に託す」
原山 優子 
東北大学名誉教授/前 総合科学技術・イノベーション会議 常勤議員
#02
“NSF Funding and Training Opportunities to Support Future Scientists”
Kellina M Craig-Henderson, Ph. D.,
米国国立科学財団(NSF)社会科学局副局長前NSF東京事務所所長
#03
“Creating an environment for researchers to flourish”
Janet Metcalfe, Ph.D.,
英国Vitae代表
#04
“PhDs and Postdocs in Australia-developing a new generation of graduate researchers”
Alastair McEwan, Ph.D., 
豪州クイーンズランド大学副総長(研究養成担当) 豪州大学院研究評議会実行委員

15:20 – 16:45
<第2部> HIRAKU事業5年間の成果報告
■ HIRAKU事業の5年間
 広島大学 理事・副学長 相田 美砂子
■ テニュアトラック教員の未来への挑戦
 広島大学学術院 助教(大学院文学研究科)      松本 舞
 山口大学 大学院創成科学研究科(理学系) 助教   原 裕貴
 徳島大学 大学院社会産業理工学研究部 特任助教   谷原 史倫
■ 長期インターンシップが拓く未来
 インターンシップ派遣者による発表
■ 未来博士3分間コンペティション
 過去大会受賞者による発表

16:45 – 17:30
<第3部> 国際シンポジウムパネルディスカッション
 基調講演講師の方々によるパネルディスカッション。
 若手研究者の育成のために,今何が必要なのか,実践から生まれた成果について検証しながら探り,日本の若手研究者養成の今後について考えます。

17:30 閉会式
 閉会挨拶 徳島大学 理事・副学長 佐々木 卓也

※シンポジウム終了後,情報交換会を開催いたします。
会場:ラ・ボエーム(広島大学学士会館1F)
会費:社会人4,000円/学生 2,500円

主催・お問合せ先

 未来を拓く地方協奏プラットフォーム運営事務局
 (広島大学グローバルキャリアデザインセンター内)
 TEL:082-424-2058 メール:hiraku■hiroshima-u.ac.jp ※■は@に変換してください。


up