• ホームHome
  • 広島大学の教員らが平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞しました

広島大学の教員らが平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞しました

広島大学宇宙科学センターの吉田 道利 客員教授(国立天文台ハワイ観測所長)、内海 洋輔 元広島大学宇宙科学センター特任助教(現スタンフォード大学物理科学研究員)が、平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰の科学技術賞を受賞しました。

吉田客員教授、内海元特任助教らは、日本の重力波追跡観測チームの一員として、2017年8月17日にアメリカの重力波望遠鏡Advanced LIGOとヨーロッパの重力波望遠鏡Advanced Virgoによって観測された重力波源GW170817の観測を行い、重力波源の可視光・赤外線対応天体を捉えて、その明るさの時間変化を追跡することに成功しました。観測当時、内海元特任助教は広島大学に在任中でした。

表彰式は、4月17日(水)に 文部科学省(東京都千代田区)で行われる予定です。

【この記事に関するお問い合わせ先】
広島大学宇宙科学センター長・教授 川端弘治

TEL: 082-424-7371(研究室)


up