• ホームHome
  • 越智学長らがエジプト カイロ大学を訪問しました

越智学長らがエジプト カイロ大学を訪問しました

2019年4月7日、広島大学の越智光夫学長と佐藤利行理事・副学長らが、エジプト カイロ大学を訪問し、モハメド・オスマン・エルコシィット学長と会談しました。会談では、今後両校がより一層の連携を図っていくことについて合意しました。

会談後は、カイロ大学病院を訪問し、越智学長が、元オリンピック柔道エジプト代表選手のモハメド・ラシュワン氏に特別診療を行いました。ラシュワン氏は、1984年のロサンゼルスオリンピック柔道決勝において、日本の山下泰裕選手と対戦した際、山下選手が負傷していた右足を攻めずに対戦しました。このことはスポーツにおけるフェアプレー精神を体現するエピソードとして語り継がれています。ラシュワン氏は長らく膝を故障しており、膝を専門とする整形外科医として越智学長が、今回の訪問を機に特別診療を行ったものです。

また、特別診療の後、越智学長および学長特任補佐の栗田雄一大学院工学研究科教授による特別講演が同病院内で行われ、約100人のスタッフおよび学生が参加しました。

広島大学とカイロ大学は2015年12月に大学間交流協定を締結し、2016年3月にはカイロ大学内に本学の海外拠点として「広島大学カイロセンター」を設置しています。また、2018年8月6日には、エルコシィット学長が本学を訪問し、同日行われた本学の「原爆死没者追悼式」に参列する等、交流を行ってきました。

今後、両校の一層の交流拡大が期待されます。

記念撮影

記念撮影 (中央左: 越智学長、中央:エルコシィット学長、中央右:佐藤理事・副学長)

越智学長とラシュワン氏

診察後の越智学長とラシュワン氏

カイロ大学病院内で講演する越智学長

カイロ大学病院内で講演する越智学長

【お問い合わせ先】
広島大学国際交流グループ

TEL: 082-424-6041


up