• ホームHome
  • 女子サッカー部の齋原みず稀さんが、2019年なでしこリーグ特別指定選手に認定されました

女子サッカー部の齋原みず稀さんが、2019年なでしこリーグ特別指定選手に認定されました

広島大学体育会女子サッカー部の齋原みず稀さん(教育学部4年)が、昨年に続き、日本サッカー協会なでしこリーグの特別指定選手に認定され、バニーズ京都SCに受け入れられることが決まりました。

齋原さんは、小学校2年生からサッカーを始め、高校時代にはU-17日本代表として世界一に。2018年7月に初めてなでしこリーグ特別指定選手となってからは、広島大学女子サッカー部に所属しながら、なでしこリーグ「バニーズ京都SC」の一員として活躍してきました。ポジションはFW(フォワード)。スピードに乗ったドリブルや柔らかいボールタッチなど、サッカーのテクニックに優れ、決定力のあるストライカーです。特にどこからでもゴールを狙える右足から繰り出される強烈なシュートが最大の武器であり、注目のポイントです。

今回の特別指定選手認定を受けて、齋原さんは「刺激ある環境で成長し、チームに還元できるよう頑張ります。またこれを機に広大女子サッカー部がもっと多くの人に知ってもらえればと思います」と語りました。

広島大学女子サッカー部で齋原さんを指導してきた、長谷川 博 監督(総合科学研究科 教授)は「 2年連続で特別指定選手に認定されることは大変貴重な経験であり、文武両道を目指す国立大学でサッカーをする学生にとっても非常に励みになります。高いレベルのリーグで感謝の気持ちを忘れず果敢に挑戦してもらいたいと思います」と教え子にエールを送りました。

なでしこリーグ特別指定選手制度とは、サッカー選手として最も成長する年代に「個人の能力に応じた環境」を提供することを目的とし、なでしこリーグの試合に出場することでより高いレベルの環境を与えることによって選手の強化・育成を図るものです。

齋原さん、そして体育会女子サッカー部への応援を今後ともよろしくお願いします。

齋原みず稀さん 関連記事

広島大学広報誌『HU-plus』紹介記事(2019年5月)

東広島の情報誌『プレスネット』紹介記事(2018年8月)

【お問い合わせ先】
広島大学 広報グループ

E-mail:koho*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up