• ホームHome
  • Jリーグ初代チェアマンの川淵三郎氏が講演「ハードルを飛び越えろ!」(世界に羽ばたく。教養の力)

Jリーグ初代チェアマンの川淵三郎氏が講演「ハードルを飛び越えろ!」(世界に羽ばたく。教養の力)

Jリーグ初代チェアマンの川淵三郎氏が講演しました

5月23日、第11回目となる特別講義「世界に羽ばたく。教養の力」は、日本サッカー協会キャプテン(相談役)・Jリーグ初代チェアマンの川淵三郎氏が「夢があるから強くなる」と題して、東広島キャンパスで講演を行い、理学部、生物生産学部、情報科学部の新入生ら約420人が受講しました。

川淵氏は、地域に根差すJリーグの開設にあたって、当初は「空疎な理念」と反発されたと語りました。そのため、「法人化」、「15000人が収容できるナイター設備のある競技場建設」など、自ら高いハードルを掲げ、それらを全て乗り越えることによって、日本初のプロサッカーリーグであるJリーグを設立することができたと説明しました。

また、サッカーのみならずバスケットボール界においても、国内男子のトップリーグ(NBL)とプロリーグのbjリーグの統合に尽力したことに触れ、何か新しいことを始めるときには、W(ワークハード)だけではなく、何のためにするのかというV(ビジョン)を大切にしてほしいと語りました。最後に、いくつになっても夢を持って、前に向かって進んでほしいと締めくくりました。

講演後、宮谷理事・副学長から川淵氏に「特別招へい教授」の称号が授与されました。

会場の様子

会場の様子

「特別招へい教授」の称号が授与されました

「特別招へい教授」の称号授与
(左が川淵氏、右が宮谷理事・副学長)

【お問い合わせ先】
広島大学 教育推進グループ (教養教育担当)

E-mail:gsyugaku-group*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up