• ホームHome
  • 中国・青海民族大学 王副学長ほかが本学を訪問しました

中国・青海民族大学 王副学長ほかが本学を訪問しました

2019年8月1日、青海民族大学の王副学長ほかが本学東広島キャンパスを訪問し、越智学長、佐藤理事・副学長(国際・平和・基金担当)と会談しました。会談には、文学研究科の根本教授が同席しました。

青海民族大学は青海省西寧市にある公立大学で、本学の文学研究科及び国際協力研究科を中心に交流を深め、2018年9月には大学間国際交流協定を締結しました。

会談では、これまでの交流実績や今後の交流について意見交換を行い、その後、森戸国際高等教育学院の荒見副学院長、国際協力研究科の佐藤教授、文学研究科の根本教授と今後の学生交流の拡大について協議を行いました。

今後、両大学間での更なる交流の発展が期待されます。

中国・青海民族大学 王副学長らが来学されました

記念撮影する出席者 (中央右:王副学長、中央左:越智学長)

【お問い合わせ先】
広島大学国際交流グループ

TEL: 082-424-6045


up