• ホームHome
  • 「広島大学循環バス」東広島キャンパス周辺~東広島駅間などで運行開始。デマンド運行も

「広島大学循環バス」東広島キャンパス周辺~東広島駅間などで運行開始。デマンド運行も

 10月1日、広島大学東広島キャンパスから、広島中央サイエンスパークを経由して東広島駅を定時定路線で結ぶ「広島大学循環バス」の運行が始まりました。東広島キャンパス周辺とサイエンスパークの間では、スマートフォンの専用アプリでバスを呼び出すデマンド運行も行ないます。キャンパス周辺とサイエンスパーク、東広島駅の間の交通の便が良くなることが期待できます。

 

 この事業は、広島大学周辺の交通問題の解決と、将来の自動運転社会を見据えたデータ収集を目的として、東広島市がMONET Technologies株式会社と連携して実施する実証実験です。

 同日、東広島キャンパスで開催された試乗会には、越智光夫広島大学長、高垣広徳東広島市長のほか、バスを運行する芸陽バス株式会社、中国ジェイアールバス株式会社の関係者らが出席しました。

 高垣東広島市長は「公共交通機関での自動運転へのニーズが高まる中、自動運転社会の実現に向けた本事業に期待している」と挨拶。続いて、越智学長は「広島大学や他機関の研究施設もあつまるサイエンスパークも運行ルート上にあり、学生・教職員だけでなく、東広島を訪問する研究者等にとっても便利なサービスとなる。関係機関と連携して取り組んでいきたい」と述べました。

 なお、運行期間は、令和元年10月~令和2年1月と令和2年4月~令和2年7月の間を予定しています。

  運行バスのルートやダイヤ等詳細についてはこちら
 

記念撮影

試乗会の様子

【お問い合わせ先】
学術・社会連携室 学術・社会連携部 学術・社会連携企画グループ

TEL:082-424-5871


up