• ホームHome
  • 土屋定之駐ペルー大使によるピースレクチャーマラソンを開催

土屋定之駐ペルー大使によるピースレクチャーマラソンを開催

第5回ピース・レクチャー・マラソンを開催しました

ペルー駐在の土屋定之・特命全権大使をお招きして、第5回ピースレクチャーマラソンを10月4日に東広島キャンパスの学士会館で開催しました。

土屋大使は「日系人が経験した戦争と平和 en el Perú」と題して講演。1899年以来、契約農民として日本からペルーに計18000人余りが渡り、都市部に出てビジネスで成功した人もいましたが、第二次世界大戦が始まると個人資産が凍結されたり、米国の収容所に強制的に送られたりするなど、日系人の歩んだ苦難の歴史を振り返りました。

戦後はペルー社会に同化しながら日系社会の復興を果たしたことを紹介。「多様性を根幹として、日本とペルーが互いに連携しながら発展していく関係を築いていきたい」と語りました。

土屋大使は広島県出身で文部科学審議官、文部科学事務次官などを歴任。広島大学経営協議会の学外委員も務められました。講演の後、越智光夫学長から名誉博士の称号が贈られました。

名誉博士の称号を授与

名誉博士の称号を授与

記念撮影

名誉博士称号授与式後の記念撮影

【お問い合わせ先】
広島大学国際交流グループ

TEL: 082-424-6046
E-mail: kokusai-group*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up