• ホームHome
  • MIRAI PhD School 2019を本学で開催しました

MIRAI PhD School 2019を本学で開催しました

MIRAI PhD School 2019を本学で開催しました

2019年10月20日から11月2日、広島大学を含む日本8大学とスウェーデン7大学が加盟する学術交流プロジェクト「MIRAIプロジェクト」の枠組みにより、広島大学、シャルマーシュ工科大学および大強度陽子加速器施設 J-PARCの主催で、博士課程後期学生および若手博士研究員を対象としたMaterials Science に関するショートコース「MIRAI PhD School 2019」を開催しました。

本コースは、2018年5月に九州大学で開催された「MIRAI Materials Science Workshop」に参加した、広島大学放射光科学研究センターのEike F. Schwier助教とシャルマーシュ工科大学のYasmine Sassa助教との企画により実現しました。「Electronic and Magnetic Properties of Materials Using Large Scale Facilities」(大型施設を利用した物質の電気・磁気特性の研究)をテーマとし、各分野の専門家による講義、グループワーク、ポスター発表、実験施設での実習を行いました。

本学での1週間のコース終了後、参加者はJ-PARC(茨城県那珂郡東海村)に移動し、中性子散乱やミュオンスピン回転法を用いた講義・実習に出席しました。

日本側からは7人、スウェーデン側からは12人の多様な専門分野の学生・博士研究員が参加し、グループワークや議論を通じて将来的にわたる有用なネットワークを構築しました。

島田放射光科学研究センター長による開会挨拶

島田放射光科学研究センター長による開会挨拶

Sassa助教とSchwier助教

Yasmine Sassa助教(左)とEike F. Schwier助教(右)

講義の様子

講義の様子

グループワークの様子

グループワークの様子

ポスターセッションの様子

ポスターセッションの様子

広島大学放射光科学研究センターでの実習

広島大学放射光科学研究センターでの実習

修了証を手にする参加者

修了証を手にする参加者

【お問い合わせ先】
広島大学国際交流グループ

TEL:082-424-4543


up