• ホームHome
  • 広島大学初のなでしこリーグ選手、齋原みず稀さんの入団決定記者会見を行いました

広島大学初のなでしこリーグ選手、齋原みず稀さんの入団決定記者会見を行いました

長谷川体育会女子サッカー部部長・監督(左)と握手する齋原さん

 教育学部第四類(生涯活動教育系)健康スポーツ系コース4年の 齋原みず稀(さいはらみずき)さん が、日本サッカー協会なでしこリーグ「愛媛FCレディース」 (※)に入団することが決まり、令和元年12月18日に広島大学東広島キャンパスで記者会見を行いました。
 広島大学からなでしこリーグの選手が誕生するのは、初めてです。
 
  宮谷真人理事・副学長(教育担当)は「勉学との文武両道により、なでしこリーグの選手になったのは大変誇らしい。広島大学として今後もぜひ応援していきたい」と述べました。
 長谷川部長・監督は「齋原さんは得点力が非常に高く、特に右足からのシュートが素晴らしい。スピードもあり同年代にはない素質を持っている」と高く評価しました。
 齋原さんは「広島大学での4年間は人間的に成長させてもらえた。卒業後も母校である広島大学を背負っていることを意識して、まずはスタメン入りを目指し、ゆくゆくは得点王も狙いたい」と抱負を語りました。

 齋原さんはこれまで2014年U-17女子ワールドカップで日本代表としてプレーし、チームの初優勝に貢献したほか、日本サッカー協会より2019年JFA・なでしこリーグ特別指定選手にも選ばれています。

 会見には、 吉村幸則副学長(学生支援担当)も出席しました。
 広島大学は、齋原さんの更なる活躍を期待しています。

報道発表資料
 (※) 愛媛FCレディースは、2019プレナスなでしこリーグ2部で優勝し、2020年シーズンより1部昇格を決めている女子サッカーチームです。

抱負を述べる齋原さん

宮谷理事・副学長の挨拶

長谷川部長・監督の挨拶

取材を受ける齋原さん

【お問い合わせ先】
広島大学 広報グループ

E-mail:koho*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up