• ホームHome
  • 【2020/2/6開催・東広島】「古文書を見る会」を開催します

【2020/2/6開催・東広島】「古文書を見る会」を開催します

  広島大学大学院文学研究科 歴史文化学講座日本史学教室では、日本史学分野履修生への実習の一環として、下記の通り、「猪熊文書」ならびに標本収集文書等を中心に「古文書を見る会」を開催します。

  このうち「猪熊文書」は、旧宮内省図書寮御用掛として京都御所に勤務されていた猪熊信男氏(故人)が収集された中世から近世にかけての良質な古文書群で、昭和37(1962)年に故福尾猛市郎先生(故人)のご尽力により広島大学文学部に譲渡されたものです。

  この「古文書を見る会」は、長年本学部学生教育の一環として開催してきましたが。広島県内において中世文書に接する機会がほとんどないことに鑑み、ご関心をお持ちの学外の皆様にも公開しております。
寒気厳しき折ではございますが、ご高覧をたまわれば幸いに存じます。

【日時】2019年2月6日(木) 13時30分~16時30分
【会場】文学部棟1階 大会議室(東広島キャンパス)
【出陳】
足利義満自筆書状・今川義元判物・豊臣秀吉朱印状・郡山城絵図・毛利元就書状・武田信玄書状・女房奉書・徳川家光書状・源氏物語須磨巻抄出など約30点

昨年の展示の様子

昨年の展示の様子

【お問い合わせ先】
広島大学大学院文学研究科
本多研究室

TEL: 082-424-6639
E-mail: honda@hiroshima-u.ac.jp
(@は半角に変換してください)


up