• ホームHome
  • 広島大学と桜美林大学が包括協定を締結しました

広島大学と桜美林大学が包括協定を締結しました

広島大学と桜美林大学が包括協定を締結しました

広島大学は2020年1月17日、桜美林大学(学校法人桜美林学園、東京都町田市)と包括協定を締結しました。桜美林大学と広島大学はともに高等教育分野における 研究も盛んであり、相互の教育・研究活動の交流と連携・協力の推進を図ってまいります。

桜美林大学の新宿キャンパス(東京都新宿区)で行われた協定調印式には、本学から越智光夫学長と佐藤利行理事・副学長、桜美林大学から佐藤東洋士理事長・大学総長、畑山浩昭学長、田中義郎常務理事・特命副学長らが出席。越智学長と畑山学長、佐藤理事長・大学総長が協定書に署名しました。

越智学長は「本協定に基づき、教職員や学生の交流をはじめ、学部・大学院における単位互換および学生の教育研究指導の実施、施設の相互利用など双方の有する教育研究資源を相互補完的、相乗的に利活用し、両大学の教育研究力の向上を図りたい」と述べました。
また、畑山学長は「設置形態を超えて、それぞれの地の利、特質を最大限に活用し、包括的な交流と連携・協力の推進によって、我が国の教育・研究の一層の発展に資するとともに、日本の新しい高等教育に風穴を開けていきたい」と抱負を語りました。

今後、両大学は(1)教員・職員・学生の交流 (2)学部(学群)・大学院の単位互換および学生の教育研究指導 (3)国際交流事業 (4)施設・設備・学術研究資料等の相互利用 (5)社会貢献事業 (6)その他両大学が必要と認める事項について、相互に連携・協力してまいります。

協定調印式の様子

協定調印式の様子

記念撮影

記念撮影

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

E-mail: koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up