• ホームHome
  • (2020.2.4) 新型コロナウイルス感染症に対する本学の方針について

(2020.2.4) 新型コロナウイルス感染症に対する本学の方針について

中華人民共和国湖北省武漢市において、2019年12月以降、新型コロナウイルスに関連した肺炎が報告され、世界各地でも患者発生報告が続いています。日本政府は2020年1月28日、新型コロナウイルス感染症を感染症法で定める「指定感染症」に指定し、2月1日より施行しました。また、世界保健機関(WHO)の緊急委員会は1月30日(現地時間)、新型コロナウイルス関連肺炎の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC: Public Health Emergency of International Concern)」に該当すると発表しました。

また、外務省は2020年1月24日付けで湖北省に対して感染症危険情報レベル3「渡航は止めてください(渡航中止勧告)」、1月31日付けで中国のその他の地域に対して感染症危険情報レベル2「不要不急の渡航は止めてください」を発出しているところです。

このたび、本学としての新型コロナウイルス感染症に対する現在の対応状況を以下のとおりまとめましたので、お知らせします。

なお、流行状況等は時間とともに大きく変化しますので、最新情報をご確認ください。

1. 現在中国に滞在中又は今後渡航予定がある方へ

本学では、外務省の危険レベルがレベル2の地域については「原則、派遣は延期又は中止、派遣中の者は帰国させる」、レベル3以上の地域については「派遣は中止、派遣中の者は即刻帰国させる」としています。

つきましては、現在中国に滞在中の方は、今後さらに情勢が変化し、危険レベルの引き上げが行われる可能性がありますので、帰国を検討してください。

また、私事渡航を含めて今後中国への渡航を予定している方におかれましては、渡航の中止又は延期を検討してください。

併せて、学生・教職員の中国への渡航状況及び今後の渡航予定(私事渡航を含む)について把握するため、該当する学生・教職員におかれましては、必ず以下のオンラインフォーム(各自の広大メールとパスワードでログイン)から回答してください。

2. 中国から日本に帰国・入国した方へ

本学の学生・教職員で、2019年12月以降に中国の滞在歴があり、帰国・入国後14日以内である方は、必ず以下のオンラインフォームから届け出をしてください。

3. 帰国・入国後の健康管理について

帰国・入国後2週間は、発熱や咳・痰・下痢などないか、毎日チェックしてください。(健康チェックはこちら

(1) 湖北省からの帰国・入国者
日本への帰国・入国時、検疫官に滞在地、健康状態を申告し、帰国より14日以内に湖北省での滞在歴がある場合、検疫官からの指導に従い適切な行動をしてください。

帰国・入国後2週間は、外出を控え、自宅等に滞在するようにしてください。2週間の間、毎日健康状態(日々の体温確認,呼吸器症状などの有無)の確認を行ってください。発熱・咳等の症状が出た場合には、医療機関には直接行かず、最寄りの保健所(下記)に相談のうえ、指示に従ってください(マスク着用)。また、そのことを所属部局、保健管理センターに報告してください。

(2) 湖北省以外からの帰国・入国者
帰国・入国後2週間の間、不要不急の外出や人混みは避けて、外出が必要時にはマスクを着用してください。2週間の間、日々健康状態(日々の体温確認,呼吸器症状などの有無)の確認を行ってください。発熱(37.5度以上)や呼吸器症状が出た場合には、医療機関には直接行かず、最寄りの保健所(下記)に相談のうえ、受診してください。また、そのことを所属部局、保健管理センターに報告してください。

4. 授業、期末試験等への対応について

新型コロナウイルスに感染又は発熱等により感染した可能性があり、授業・期末試験を欠席した学生に対する対応については、不測の事態であることに鑑みて、当該学生に不利益が生じないよう追試験等の代替措置を講じます。 

5. 全ての学生・教職員の方へ

日々の体調管理に努めるとともに、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に一人一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。基本的な感染症対策を励行してください。

海外へ渡航する方は以下の書類を提出する必要がありますので、遺漏の無いようにお願いします。

対象者 提出書類 提出先
 学生  留学願、緊急連絡先 所属学部・研究科の学生支援担当
 外国人留学生  一時帰国届 所属学部・研究科の学生支援担当
 教職員  海外渡航届 国際交流グループ (総務担当)
kokusai-group*office.hiroshima-u.ac.jp
(注: *は半角@に変換してください)

大学に届け出ていただいた情報については、学内担当部署(所属部局、保健管理センター、学生生活支援グループ、国際交流グループ及び人事グループ)に共有させていただきます。大学からのご本人への連絡及び健康管理以外の目的には使用しません。

本学連絡先

  • 新型コロナウイルス感染症に関する予防対策・診療に関する相談 (本学教職員・学生向け)
    保健管理センター
    TEL: 082-424-6192
    E-mail: health*hiroshima-u.ac.jp (注: *は半角@に変換してください)
  • 渡航、入国・帰国に関する相談
    国際部国際交流グループ
    TEL: 082-424-6184
    E-mail: kokusai-sien*office.hiroshima-u.ac.jp(注: *は半角@に変換してください)
  • 授業、期末試験等への対応
    教育部教育推進グループ (平日8時30分~17時15分)
    TEL: 082-424-7134
  • 報道関係者の方
    広報部 副理事(広報担当)
    TEL: 082-424-6017
    E-mail: friji-koho*office.hiroshima-u.ac.jp(注: *は半角@に変換してください)
  • その他、新型コロナウイルス感染症に関すること
    財務・総務部 総務グループ(リスクマネジメント担当)
    TEL: 082-424-6012
    E-mail: risk-anzen*office.hiroshima-u.ac.jp(注: *は半角@に変換してください)

保健所

  • 東広島市:広島県西部東保健所
    [平日および休日(土日祝) 8時30分〜17時15分] 082-422-6911
    [夜間] 080-1635-8801
  • 広島市南区:広島市南保健センター
    [全日] 082-250-4108
  • 広島市中区:広島市中保健センター
    [全日] 082-504-2528

参照/References

【この記事に関するお問い合わせ先】
広島大学広報グループ 

E-mail: koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up