• ホームHome
  • 留学生を励ますための留学生交流会を開催しました

留学生を励ますための留学生交流会を開催しました

2020年2月10日、広島大学は、留学生交流会を開催しました。本交流会は、新型コロナウイルスの拡大で不安を持つ留学生を励ますために「福山通運小丸賑わいパビリオン」で開催し、留学生・教職員約100人が参加しました。

越智学長より「新型コロナウイルスの影響で、帰国の予定が遅れてしまった方や、逆に一時帰国した方が日本に戻れなくなっているケースもある。また、中国から来た方への風評被害も心配している。そのような状況なので皆さんを励ましたいと思い、この会を開催しました。」と挨拶があり、「新型コロナウイルスに対しては、日々の体調管理に努め、インフルエンザ対策と同じように咳エチケットや手洗いをよくするように」と注意喚起がありました。

また、当日本学で講演していただいた前・在上海日本国総領事の片山和之氏からも、留学生の皆さんに励ましのお言葉をいただき、乾杯の音頭を取っていただきました。
会の途中で、保健管理センターの日山亨准教授から正しい手洗いの仕方などの説明があり、参加者は感染症予防対策についての理解を深めました。

越智学長による挨拶

越智学長による挨拶

片山大使による挨拶

片山大使による挨拶

歓談中の留学生

歓談中の留学生

【お問い合わせ先】
広島大学 国際交流グループ

TEL:082-424-6184
E-mail:kokusai-sien(AT)office.hiroshima-u.ac.jp
※(AT)は半角@に置き換えてください。


up