• ホームHome
  • 【留学生の皆さんへ】新型コロナウイルス特別定額給付金事業について

【留学生の皆さんへ】新型コロナウイルス特別定額給付金事業について

2020年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されることになり、1人つき一律10万円が給付されます。
この給付金は、住民基本台帳に記録された国内在住の外国人も対象となります。

<給付対象者>
2020年4月27日において、住民基本台帳に記録されている者
外国人留学生も対象となります。
※国籍は問わず、住民票を届けている外国人の方が対象となります。

<給付額>
給付対象者1人につき10万円

<申請方法>
住民登録をしている市区町村で申請手続きをします。

申請から受け取りまでの流れ
※受付及び給付開始日は市区町村によって異なります。

①申請書が各世帯に届く
住民票のある市区町村から申請書が届く

②郵便かオンラインで申請
(郵便)
・世帯主の本人名義の振込先口座番号などを記入
・振込先口座確認書類と、本人確認書類のコピーを一緒に返送
(オンライン)※マイナンバーカード所有者が利用可能
・マイナポータルから振込先口座情報を入力
・振込先口座の確認書類をアップロードして申請
(電子署名で本人確認を実施。本人確認書類は不要)
③給付金が振り込まれる
 家族分の給付金がまとめて口座に振り込まれる

<申請受付期間>
申請期間は3ヶ月で、受付開始日は市区町村ごとに決められます。

特別定額給付金を装った詐欺に注意!
給付金を装った詐欺等も想定されます。
・市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
・市区町村や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込を求めることは絶対にありません。
・市区町村や総務省などが、世帯構成や銀行口座番号などの個人情報を電話や郵便、メールで問い合わせることは絶対にありません。
・市区町村や総務省などを装った電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、お住いの市区町村や最寄りの警察署、または警察相談専用電話(#9110)に連絡してください。

(参考HP)
【総務省】特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)

詳しくは、自分の住民票を登録している市町村にお問い合わせください。

【この記事に関するお問い合わせ先】
広島大学広報グループ

Email:koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*を@に変換してください)


up