• ホームHome
  • 広島大学基金に寄付 小林正夫名誉教授、まりも会様に紺綬褒章伝達

広島大学基金に寄付 小林正夫名誉教授、まりも会様に紺綬褒章伝達

広島大学基金へ多額の寄付をいただいた広島大学名誉教授 小林 正夫先生(現 日本赤十字社中四国ブロック血液センター所長)と医療法人社団まりも会様に、2020年5月30日付で紺綬褒章が授与されました。
2020年7月30日、褒章及び褒状を越智学長から小林名誉教授とまりも会理事長 平松廣夫様にそれぞれ伝達しました。

紺綬褒章は、国の褒章制度のひとつで、公益のために、私財(個人であれば500万円以上、団体であれば1000万円以上)を寄付した個人または団体に授与されるものです。

< 受章された方からのコメント >

  • 小林正夫 名誉教授

「広島大学医学部に入学以来、学部生、大学院生、教員として47年間お世話になりました。小児科教授時代には、広島大学病院に長期入院される小児患者さんとご家族のための宿泊施設、「広島大学病院ファミリーハウス」の設置をはじめ、小児難病の患者さんの療養に多くの助けをいただきました。県内唯一の医育機関として、難病医療における診断、治療、研究の発展と人材育成に尽力いただけること期待しています。」

  • 医療法人社団まりも会様

「当会は広島大学病院との連携を基に広島市南区で地域医療を担っています。広島大学は県内唯一の医育機関であると同時に、医療のみならず日本をリードする研究実績も数多く、今後世界トップ100の総合研究大学として日本を代表する大学へと発展されるため、微力ながらその一助となれれば幸いです。」

越智学長から褒章及び褒状を伝達

(越智学長から褒章及び褒状を伝達)

左から小林名誉教授、越智学長、平松まりも会理事長

(左から小林名誉教授、越智学長、平松まりも会理事長)

【お問い合わせ先】
広島大学人事部福利厚生グループ

E-mail: fukumu-fukumu*office.hiroshima-u.ac.jp (注:*は半角@に置き換えてください)


up