• ホームHome
  • 別府で、2020年度保護者向け「広島大学地域懇談会」を開催しました

別府で、2020年度保護者向け「広島大学地域懇談会」を開催しました

 2020年9月26日、大分県別府市の別府国際コンベンションセンター(B-ConPlaza)で新しい生活様式を踏まえ、保護者向け「広島大学地域懇談会」を開催しました。

 この会は、学部1年次生と2年次生の保護者・ご家族を対象に、本学の修学環境や学生支援への理解を深めていただくためのもので、2018年度から開始した取り組みです。学生支援・留学支援制度・進路などについての説明、卒業生・大学院生の体験談、情報交換会などを実施しています。

 9/12福岡会場、9/21岡山会場に続き3会場目となる別府会場には、24人の方にご参加いただきました。冒頭のあいさつで宮谷理事・副学長(教育担当)からは、新型コロナウイルス感染症に対する本学の取り組みや今後の見通し等についての説明と、本学の歴史や建学の精神、「平和を希求し、チャレンジする国際的教養人」を養成するための様々な取り組みについて紹介がありました。

 また、吉村副学長(学生支援担当)からは学生支援およびキャリア支援・進路について、渡邉理事 (グローバル化戦略担当)からは留学支援制度について、コロナ禍を踏まえた説明がありました。

 続いて、本学の卒業生・大学院生が講演を行いました。卒業生は、自身の学生生活を振り返り「学生時代の語学留学やサークル活動などでの新しいことに挑戦した経験が社会人になってからの自信につながっている」「学生の皆さんには興味を持ったらまず行動してほしい」と語りました。また、大学院生からは自らの留学体験に基づく海外留学の魅力とともに、コロナ禍での現在の大学生活についての紹介がありました。

 その後、各学部に分かれて、参加者と本学の教職員や卒業生・大学院生との間で、活発な情報交換が行われました。 

 参加した保護者の方からは「コロナ禍で不安や心配事が多い中、このような機会を設けていただいてありがたかった」「卒業生・大学院生の話が非常に参考となった」などの声が寄せられた一方で、「新入生のこれまでの半年間を取り戻す努力をお願いしたい」「コロナと共存していく対策をスピード感をもって行ってもらいたい」などの意見をいただきました。

 最後に、宮谷理事・副学長(教育担当)から「保護者の方々の声を直接伺うことができる貴重な機会となった。いただいた意見などは、今後の取り組みに活かしたい」とのお礼があり、終了しました。

 2020年度は,今後、神戸(10/31(土))、広島(11/7(土))、松山(11/23(月・祝))で開催予定です。

宮谷理事による冒頭挨拶

宮谷理事による冒頭挨拶

渡邉理事による大学説明

渡邉理事による大学説明

情報交換会の様子

情報交換会の様子

卒業生よる講演

卒業生よる講演

大学院生によるオンライン講演

大学院生によるオンライン講演

【お問い合わせ先】
広島大学地域懇談会事務局

TEL: 082-424-6533

※月~金 9:00-17:00 (12:00-13:00除く)

FAX: 082-424-6170

E-mail: kyoiku*hiroshima-u.ac.jp

(注:*は半角@に置き換えてください。)


up