• ホームHome
  • トップアスリートの木村文子さんが大学院に入学

トップアスリートの木村文子さんが大学院に入学

10月1日付けで、トップアスリートの木村文子さん(エディオン所属)が、本学大学院人間社会科学研究科 人文社会科学専攻 人間総合科学プログラムの博士課程前期に入学しました。
木村さんは陸上競技女子100m障害の選手として、2012年のロンドンオ リンピック出場、2013年と2019年のアジア選手権優勝、2014年アジア大会3位、2017年と2019年の世界選手権出場(2017年は日本の女子100m障害の選手として初めて準決勝に進出)、日本選手権6回優勝などの実績を持っています。

10月21日に霞キャンパスで開催した記者発表で、木村さんは「セカンドキャリアに向けての準備を進めながら、オリンピックに向けての準備を同時に進めていきたい」と抱負を述べました。
また、大学で学ぶことについて、「久しぶりの体験。新鮮で自分にとって良い刺激になる」と語りました。

大学院では関矢寛史教授の指導の下、スポーツ心理学を中心に、アスリート・アントラージュ(アスリートを取り巻く人的環境)について研究を行います。

記者の撮影に応じる木村さん

記者の撮影に応じる木村さん

記者説明会の様子(左から関矢教授、木村さん)

記者説明会の様子(左から関矢教授、木村さん)

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

E-mail: koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up