• ホームHome
  • 被爆75年特別企画「広島大学旧理学部1号館」を開催中です

被爆75年特別企画「広島大学旧理学部1号館」を開催中です

広島市主催の被爆75年特別企画「広島大学旧理学部1号館~未来へ受け継ぐ記憶~」(広島大学共催)の展示が2020年11月1日、広島市中区袋町の旧日本銀行広島支店で始まりました。

広島大学旧理学部1号館は広島文理科大学本館として建築された学都広島のシンボルとなる建物です。原爆によって外郭を残してほぼ全焼し、多くの教職員・学生が犠牲になりました。広島大学開学後は理学部1号館となり、1991年の統合移転に伴って閉鎖されました。

今回、旧理学部1号館の歴史や被爆の実相に触れる場を提供し、平和への思いを共有してもらうとともに、被爆建物の保存・継承の重要性について理解を促す目的で、初めて企画されました。

展示は「旧理学部1号館の沿革」「被爆前の広島文理科大学」「原爆投下による被害」「市民が描いた原爆の絵」「広島文理科大学ゆかりの人々」など9つのコーナーで構成。写真パネル、広島大学原爆放射線医科学研究所の所蔵資料とともに、被爆した弁当箱や掘り出された鉄かぶとなどの実物も含め約60点が展示されています。

開催期間と時間は、11月12日までの毎日午前10時~午後5時(最終日は午後1時)。入場無料。
 

 

戦後、掘り出された鉄かぶと

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

TEL:082-424-6017


up