• ホームHome
  • 中国の首都師範大学と「広島大学森戸国際高等教育学院北京校」の設置に関する覚書を締結しました

中国の首都師範大学と「広島大学森戸国際高等教育学院北京校」の設置に関する覚書を締結しました

越智 広島大学長と孟 首都師範大学長

広島大学は2020年12月1日、首都師範大学と「広島大学森戸国際高等教育学院北京校」の設置に関する覚書を締結しました。首都師範大学と広島大学は2002年に大学間国際交流協定を締結、同年に広島大学初の海外拠点である北京研究センターを開設する等、教育・研究交流を続けています。

広島大学の霞キャンパスを会場に首都師範大学とオンラインで行われた調印式には、本学から越智光夫 学長、佐藤利行 理事・副学長、渡邉聡 理事・副学長、首都師範大学から孟繁華 学長、韓梅 国際合作交流処長、盧峭梅 国際合作交流処副処長、李均洋 教授らが出席。越智学長と孟学長が覚書に署名しました。

越智学長は「本学森戸国際高等教育学院北京校の設置により、首都師範大学と本学との連携がますます深まり、両大学がさらに発展していければと願っています」と今後の期待を述べました。
また、孟学長は「両大学には20年余りの交流の歴史がある。現在はコロナウイルス感染症の影響で交流に支障が出ているが、お互い手を携え新たな協力関係を創出していきたい」と抱負を語りました。

広島大学森戸国際高等教育学院北京校は、2021年9月の教育開始を目指して、首都師範大学内に設置準備を進めています。設置後は、首都師範大学の学生をはじめとする、日本語・日本文化に興味のある中国の大学生に対して、実践的な日本語運用能力・日本文化理解力向上のための教育を行っていく予定です。

覚書調印式の様子

覚書に署名する越智学長

記念撮影(首都師範大学側)

記念撮影(広島大学側)

【お問い合わせ先】
広島大学グローバル化推進グループ

TEL: 082-424-6042


up