• ホームHome
  • 小泉環境相から、脱炭素化に向けた広島大学の取組に高い評価をいただきました

小泉環境相から、脱炭素化に向けた広島大学の取組に高い評価をいただきました

 広島大学をはじめ脱炭素社会実現に向けた貢献を目指す全国の大学・研究機関の会合が2021年3月23日にオンラインで開かれました。席上、小泉進次郎環境大臣は、2030年キャンパスのカーボン・ニュートラル(炭素中立)を宣言した広島大学の取組を高く評価しました。
会合には広島大学や東京大学など合わせて120の国公私立大学・研究機関のトップが参加。本年中に新たな推進組織「カーボン・ニュートラル達成に貢献する大学等コアリション」(仮称)を立ち上げ、地域の脱炭素化や人材育成に自治体や企業と連携して取り組むことを決めました。

 意見交換で小泉環境大臣は「国の目標の20年前倒しで2030年カーボン・ニュートラルを達成しようという広島大学はすごい。しかも大学だけでなく地域と一緒に目指している。2030年ゼロカーボンは日本の大学で唯一広島大学が宣言している」と紹介。小泉大臣からの指名を受けて越智光夫学長が本学の取組を紹介しました。
 

大学学長等サミット配信チャンネルで、動画を公開しています→動画を視聴する

広島大学の取り組みについて

東広島市および周辺地域におけるSociety5.0 やスマートシティの実現に向けた包括的な連携推進に関する協定を締結しました

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

E-mail:koho*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up